演劇「パパがママになる日」

今年(2014年)秋、上演予定
作・演出   添谷泰一

性同一性障がい者を親に持った子どもの悲劇を描いた作品。
第27回BKラジオドラマ脚コンクール佳作受賞。
NHKの著作権が切れ、演劇用の脚本に書き換え上演することが決定。

このお芝居は各地域の公民館や学校などに、こちらから出向く上演方式にしています。
大人だけでなく子供たちにも観てもらい、人権を考えるきっかけになればと思っています。